アイピル ジェネクリ通販

アイピル ジェネクリ通販です。
最安値をチェックするならこちらです。
送料無料で安心の【くすり通販サイト】をご紹介します。

アイピルは緊急避妊薬(アフターピル)です。性行為後なるべく早急(72時間以内)に1回だけ服用することで、望まない妊娠を高確率で回避します。ノルレボと同一成分・同効果ですが、価格が安くコストパフォーマンスが高いです。

⇒【最安値をチェック】

アフターピルの種類

従来のアフターピルは「ヤッペ法」というアフターピルが主流です。性行為後72 時間以内に中用量ピルを2錠服用し、さらにその12時間後に2錠服用する方法です。

ヤッペ法として主に処方される中用量ピルは「プラノバール錠」で、50μgのエチニルエストラジオール(EE)と0.5mgのdl-ノルゲストレル(NGR)を配合しています。その避妊成功率は、約85%と言われています。

ヤッペ法に対し、新しいアフターピルとして「LNG法」の注目が高まっています。LNG法に用いられる「ノルレボ錠」は2016年に開発され、黄体ホルモンのレボノルゲストレルを配合しています。

アイピルはこのノルレボ錠と同成分のジェネリック医薬品です。
ノルレボ錠は日本で始めて緊急避妊を目的として開発された画期的なアフターピルで、性行為後72時間以内に1回服用する方法です。ヤッペ法に比べて副作用の吐き気が出にくく、避妊効果が高いのが特徴です。

その避妊成功率は、約95%と言われています。クリニックにより異なりますが、ヤッペ法の費用が約1万円に対し、LNG法は1万5千円~2万円と高額なのが相場です。

アイピル(アフターピル)の使用方法

  • 性行為後、可能な限りすぐにアイピル1錠を服用します。
  • 24時間以内の服用で95%、72時間以内で75%の確率で妊娠を回避することができると言われております。
  • ただし、排卵日(妊娠する可能性が最も高い「危険日」で、生理予定日のおよそ14日前になります。)辺りでのアフターピル服用による避妊確率は85%とやや低くなると言われております。
  • アイピルは120時間以内でも50%の確率で妊娠を回避できると言われておりますが、72時間以上時間が過ぎてしまった場合は、より新しく発売された別の海外製アフターピル(商品名「エラワン」など)の服用をお勧めします。

副作用

  • アイピルなどアフターピルでよく見られる副作用は、吐き気です。
  • 吐き気が心配な方は、吐き気止めと併用することで症状を抑えることができます。
  • その他、頭痛・倦怠感・下腹部鈍痛・乳房の張り・不正出血などの症状が副作用として報告されております。
  • これらの副作用は一時的なホルモンバランスの崩れによるものなので、軽度であればさほど心配いりません。大抵は1~2日でおさまります。
  • 症状が重い場合やいつまでたってもおさまらない場合は医療機関を受診してください。
  • また、アフターピルや低用量ピルを服用する際は「血栓症」という重大な副作用に注意してください。
  • 特に喫煙者の方は発症リスクが高まるので注意が必要です。(極力禁煙をしましょう)

併用禁忌・注意

以下に該当する方はアイピルの服用を控えてください。

  • 本剤の成分に対して過敏症の既往歴がある方
  • 重い肝障害がある方
  • 妊娠中の方

以下に該当する方はアイピルの服用に注意が必要です。必ず医師に相談の上で服用してください。

  • 肝障害がある方
  • 心疾患・腎疾患またはその既往歴のある方

併用してはいけない薬は特にありませんが、併用している薬がある方は医師や薬剤師に相談してください。

授乳中の方は母乳に成分が移行する可能性があるので、アイピル服用後24時間以内の授乳を避けてください。

天然ハーブのセイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート)を含む健康食品やサプリメントと併用すると、ピルの効果が減弱する恐れがあります。アイピル服用後24時間はこれらの摂取を控えてください。

アイピルと吐き気止めの併用

アイピルの副作用として、吐き気が多く報告されています。服用して2~3時間後に現われやすく、国内の臨床試験では9%の方に吐き気の副作用が報告されています。

吐き気を防止するため、ドンペリドン(薬剤名:ナウゼリン錠)などの吐き気止めと服用することが勧められています。

ピルを吐いてしまっては避妊効果を得ることができません。早朝や空腹時は吐き気がでやすいため、夕食後や就寝前に服用することをおすすめいたします。

使用上の注意

  • アイピルは完全に妊娠を回避できる薬ではありません。
  • 服用後、4週間以内に生理が来ない場合は妊娠検査をしてください。
  • アイピルは緊急避妊薬であり、妊娠中絶薬ではありません。
  • 少なからず身体への負担があるので、日常的に服用してはいけません。
  • 服用する頻度が多い方は低用量ピルを服用してください。
  • 服用後2時間以内に嘔吐してしまった場合は、再度1錠を服用してください。

SNSでもご購読できます。