アジー クスリロイヤル 通販

アジー クスリロイヤル 通販です。
最安値をチェックするならこちらです。
送料無料で安心の【くすり通販サイト】をご紹介します。

アジー1000mgは、淋病や性器クラミジアなどの性感染症(STD)が原因の尿道炎や子宮頚管炎に効果がある抗生物質です。アジーは、マクロライド系抗生物質という種類に分類される薬剤で、従来のマクロライド系抗生物質よりも、広い抗菌スペクトルを有していることが特徴です。作用機序としては、細菌のたんぱく質の合成を阻害して細胞増殖を妨げ、抗菌作用を示します。

⇒【最安値をチェック】

有効成分としてアジスロマイシンが配合されています。アジスロマイシンを含む薬剤は、疾患の原因菌に対する殺菌作用を目的に、医療現場でも幅広く使用されています。

国内で販売されている、アジスロマイシンを含む薬剤の中では、ジスロマックが有名です。錠剤以外に小児用のドライシロップも販売されており、汎用されている抗生物質の一種です。
ジスロマックのような、内服するタイプの抗生物質は、市販では購入することができません。

抗生物質は、専門家の指示に基づく適切な使用方法以外で濫用してしまうと、抗生物質への耐性を獲得した薬剤耐性菌の出現につながります。
そのため、日本国内においては濫用の危険を鑑みて、市販で購入することはできなくなっているので、入手するに当たっては医師の診察や検査を受けなくてはなりません。

アジー1000mgの特徴として、服用のしやすさに優れるということが挙げられます。
一般的な抗生物質は、1日2~3回の服用を1週間以上継続しなくてはなりませんが、1錠を1回服用するだけで治療が完了します。
抗生物質は服用を忘れると効果が著しく低下してしまうことが知られていますが、アジー1000mgではそのような心配はありません。

アジー1000mgの有効成分であるアジスロマイシン自体は、中耳炎や副鼻腔炎、肺炎、扁桃炎など、様々な疾患に効果がありますが、アジスロマイシンを1000mgの高用量で服用する治療法は、国内では、尿道炎と子宮頸管炎に対してのみ承認されています。
尿道炎と子宮頸管炎の治療以外で使用する場合は、適応外使用となりますので、注意してください。

性感染症診断・治療ガイドライン2016(日本性感染症学会)において、アジー1000mgの有効成分であるジスロマックは、妊婦および非妊婦のいずれにおいても、推奨度Aにて投与が推奨されています。
類薬のクラリス(クラリスロマイシン)やクラビット(レボフロキサシン)では、非妊婦への推奨度は変わりませんが、妊婦に対しては推奨されていません。

主な症状に対する効果

<クラミジア>

クラミジアは、クラミジア・トラコマチス (Chlamydia trachomatis) の一種により生じる性感染症 (STD)であり、性感染症のなかでも比較的メジャーなものです。

性交だけでなく、オーラルセックスやキスなどによっても、咽頭・男性の尿道・女性の膣内・直腸などに感染し、尿道炎や子宮頚管炎の原因となることが知られています。 症状が現れない場合もありますが、女性では不妊の原因となることもあるので、早期の治療が望まれています。

アジー1000mgの有効成分は、クラミジアへの感受性が高いことが知られており、有効性の高いお薬です。 他の抗生物質に比べて、クラミジアの耐性菌も比較的少ないといわれています。

<尿道炎>

尿道炎とは主に性行為による細菌の感染が原因で、尿道部位に炎症が起こる疾患を指します。
男性に多い疾患のため、男性の性感染症とも言われますが、女性にも見られる感染症です。主な感染源となる細菌の種類はクラミジアや淋菌です。
その他の原因菌として、一般細菌である腸内細菌も感染源となります。症状としては、性行為後2~7日の潜伏期間の後に尿道口から膿(うみ)が多量に発生し、強い排尿痛を伴うのが一般的です。
淋菌性尿道炎の場合、その症状が重く急性であることが特徴的です。

尿道炎に対する一般的な治療としては、アジー1000mgをはじめとする、抗生物質の投与が有効です。

<子宮頸管炎>

子宮頚管炎とは、細菌感染などが原因で、子宮頸部に炎症が起こる疾患を指します。
最もよくみられる症状は、黄緑色や膿状のおりもの、性交後や排尿時におこる性器の出血です。出血時に痛みを感じる場合もあります。また、膣の周辺に発赤がみられることもあります。一方で、感染しても、症状がみられない患者さんもいます。

子宮頸管炎の原因で多いのは、クラミジアへに感染と淋菌への感染です。そのため、子宮頸管炎の治療には、アジー1000mgをはじめとする、これらの菌に効果のある抗生物質の投与が有効です。

SNSでもご購読できます。