メラトニン通販z.club

メラトニン通販z.clubです。
最安値をチェックするならこちらです。
送料無料で安心の【くすり通販サイト】をご紹介します。

1錠あたり植物性メラトニン「高濃度」10mgが配合されたメラトニン【他のメラトニンは3mg/粒】で、欧米や東南アジアでは学生から主婦、サラリーマンまで必須の快眠サプリです。

メラトニン10mgは、体内時計をつかさどる脳内に作用し、睡眠覚醒リズムを調節する働きがある成分で、睡眠薬ではありませんので睡眠薬にありがちが副作用、離脱症状などはございません。

コロナ自粛による不安で不眠の方にもおススメ! 1錠中に睡眠ホルモンともよばれるメラトニンを10mgもの大量に含んでおり、服用することで自然に近い眠りに誘ってくれます。

⇒【最安値をチェック】

メラトニンはFDA(米国食品医薬品局)によるとサプリメントに分類されており、広義では医薬品ではありません。

一部の国々では徐放化製剤が医薬品として用いられていますが、効果はまだ検討されている段階です。

日本国内では、メラトニンそのものの医薬品は販売されていませんが、メラトニン受容体に働きかける医薬品は「ロゼレム」という商品名で販売されています。

ヒトでは、メラトニンは松果体とよばれる、脳の中心部にある小さな内分泌腺によって分泌されています。 松果体におけるメラトニンの生合成は、網膜が光を受けることによって阻害され、暗闇によって促進されます。

日中、太陽光などの強い光を浴びることによってメラトニンの分泌は減少しますが、夜暗くなってくると分泌量が増え、脈拍・体温・血圧などを低下させて睡眠の準備を行うことで、自然な睡眠を引き起こすのです。

夜勤や三交代などの不規則な生活が続いたり、太陽光を浴びない生活を続けたりすると、メラトニンの分泌がうまく行われず、概日リズムの調節がうまくいかなくなってしまいます。

メラトニンの量が減少すると、不眠症などの睡眠障害を引き起こしてしまうのです。

その他にも、強力な抗酸化物質としての役割を持っており、核DNAやミトコンドリアDNAを保護することによって、老化の抑制やアンチエイジングの作用も期待されているのです。

また、メラトニンは血液脳関門を通過することがわかっており、これらの効果は脳内においても発揮されることが示唆されています。

免疫機能を高めることも知られており、抗体の産生や胸腺の働きを高めることによって、リンパ球の活動を促進したり、NK(ナチュラルキラー)細胞の活動を活性化させたりすることから、抗がん作用も期待されています。

2020年11月 アメリカの医療研究機関 Cleveland Clinicは、メラトニンがコロナウイルスの陽性率を30%低下させる可能性があることを発表しました。研究者によると、新型コロナ治療薬としての使用には更なる研究が必要とのことですが、メラトニンの新型コロナへの予防・治療効果が期待されています。

メラトニンによる新型コロナ対策について

メラトニンには優れた抗酸化作用と抗炎症作用があるため、睡眠の質を高める以外にもアンチエイジング効果や免疫力アップ効果といった健康効果が期待できることが分かっています。

特に免疫力に関しては免疫機能を調節する働きにより、ストレスによる免疫力の低下を抑制したり、がん細胞を排除する免疫力や感染症に対する抵抗力を高める効果があることが数多くの研究で確認されています。

そこで、メラトニンは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防・治療(重症化予防)に有効な可能性があるとして、現在とても注目されています。海外の研究によれば、メラトニン服用によって新型コロナウイルスに感染する可能性が28~52%低下したという結果が出ました。子供の新型コロナウイルスの感染率や重症化率が低いのは、子供は大人よりもメラトニンが多く分泌されているためという説があります。

メラトニン単体でも新型コロナ対策としての効果が期待できますか、ビタミンDと一緒に摂取すると相乗的な抗ウイルス効果を発揮するという論文が発表されました。

ビタミンDにも免疫機能を調節して免疫力を高める働きがあるため、様々なウイルスの感染症予防に有効であることが知られています。新型コロナウイルスにおいては、血中ビタミンD濃度が30ng/ml以上の方はほとんど感染せず、重症化しないという論文が発表されました。

メラトニンとビタミンDには免疫機能を調節して免疫力を高めるという共通の働きがあるため、どちらか単体でも効果的ですが、一緒に摂取することでより強力な新型コロナ対策になることが期待できます。

SNSでもご購読できます。