バリフ genecli.com・ジェネクリ・です。
最安値をチェックするならこちらです。
送料無料で安心の【くすり通販サイト】をご紹介します。

人気のED治療薬レビトラのジェネリック医薬品で、勃起不全症、EDの治療薬です。勃起時に十分に硬くならない、行為の途中で中折れしてしまうなどの症状を改善します。レビトラと同じ有効成分バルデナフィルが配合されており、世界中で処方されているお薬です。

⇒【最安値をチェック】

バリフ20mg(レビトラジェネリック)とは

バリフは、人気のED治療薬レビトラのジェネリック医薬品で、勃起不全症(ED)の治療薬です。「勃起時に十分に硬くならない」「行為の途中で中折れしてしまう」などの症状を改善します。

先発医薬品であるレビトラと同じ有効成分「バルデナフィル」が配合されており、世界中で処方されているお薬です。陰茎の血流を促すことで勃起力を高め、ナイトライフをさらに豊かにするはたらきがあります。

ED治療薬では、「バイアグラ(Viagra/Sildenafil)」「レビトラ(塩酸バルデナフィル水和物)」「シアリス(Cialis/Tadarafil)」の3つが有名です。バイアグラとレビトラは短時間で強力に効き、シアリスは長時間ねばり強く効くことが特徴です。

副作用が気になる方は、マイルドな効果で副作用の少ないシアリスがおススメですが、とにかく効果を重視したい方は、バイアグラやレビトラ(バリフ)がおススメです。特に、レビトラ(バリフ)はバイアグラの欠点が改善されていることが特徴です。

効き目のが早さも人気の理由で、急なタイミングではじまる性行為にも効果を発揮します。早い方では、服用して10~15分程度で効果を実感することができます。さらに、食事と同時に服用しても効果が落ちにくいため、食後の性行為にも使用しやすいお薬です。

効果の持続時間も改良されており、バルデナフィル10mgで約4時間、20mgで約10時間と、一晩を通して効果を発揮します。週末などの時間に余裕のある性行為においても、非常に使いやすいお薬です。

バリフに配合されているバルデナフィルは、勃起をさまたげる酵素であるPDE-5を阻害するはたらきがあります。これにより、陰茎の血管を大きくひろげて血流量を増やし、勃起力を確実に高めます。

医療用医薬品の成分であるバリフは、漢方やサプリメントとは異なり、高い効果が認められています。ED治療においても、これらのPDE-5阻害薬は第一選択薬として、多くの国のガイドラインにおいて推奨されています。

ED(勃起不全)について
勃起不全(ED)の症状は様々です。完全に勃起が達成できない、勃起は達成するが持続しない、性行為の最中に中折れしてしまうなどのパターンがあります。

発症する年齢層は特に20〜40代の若い方に多く、原因は血管や神経などの器質的な疾患や年齢を重ねることによる衰え等が関係しています。

疲労や精神的なストレス等も影響することがわかっており、「相手を満足させられるかな?」「性交渉中はちゃんと勃起が続くかな?」という悩みやトラウマが影響する場合もあります。

他にも、生活習慣病(高血圧、脂質異常症、糖尿病)になると、血管や神経に障害が起こり、勃起不全(ED)になるリスクは上がります。

治療には、バリフをはじめとするED治療薬を服用することが一般的です。EDの原因となる疾患を有している場合は、並行して治療を行います。

精神的なストレスが原因の場合、まずは自信を取り戻すことが重要です。症状が改善するまで性交渉前に服用し、徐々に使用量を減らしていくようにしてください。

また、バリフを服用中はずっと勃起が続くわけではありません。性的刺激によって勃起が達成されるので、安心して服用することができます。

バリフ20mg(レビトラジェネリック)の使用方法
バルデナフィルとして20mg(バリフ1錠)を1日1回、性行為の1~3時間前を目安に服用してください。
10mg(0.5錠)の服用を試しても十分な効果が得られず、副作用に問題がない場合には、20mg(1錠)まで増量することが可能です。
高齢者(65歳以上)や肝臓の病気をお持ちの方は、1日あたり10mgを上限に、5mg(1/4錠)から服用を開始してください。
1日の服用は最大1回までとして、翌日も服用する場合には、24時間以上間隔をあけるようにしてください。
バリフは、経口で水またはぬるま湯により服用するタイプの薬剤です。
副作用
バリフの代表的な副作用として、ほてり、頭痛、鼻詰まり、心悸亢進(心臓がドキドキする)などがあらわれる可能性があります。
頻度は少ないものの、狭心症、射精障害、アレルギー反応、血液検査値異常などの重大な副作用をも報告されています。
めまいやふらつきがあらわれることがあるので、自動車の運転や高所での作業には注意が必要です。
急激な視力の低下や視力の喪失があらわれた場合には、すみやかに医療機関を受診するようにしてください。